[Unreal Engine]
Actorの角度を0~360の範囲で取得したい

▼目的
ルーレットを作って、角度によって処理を分けたい。
そのために、ルーレットの角度を0~360度の範囲で取得したい。

▼問題
アクターの角度を取得するだけで簡単だと思ったら、
0~360度の範囲で角度を取得する事が出来ない。

ルーレットの針と、盤上に配置したオブジェクトで、
オーバーラップイベントを発生させようかとも思ったけど、
微妙な判定がやり難そう。
やっぱり角度を取得したい。

▼解決方法
ベクトルを2つ作り、ふたつのベクトル間の角度を求める。
内積と外積を使う。

続きを読む

[Unreal Engine]
イベントディスパッチャー


他のブループリントにイベントを送りたい。
そんなときにイベントディスパッチャーを使う。

辞書によると、ディスパッチャーとは発送係の事らしい。
イベント発送係と捉えれば覚えやすい。

▼今回作るもの

・Gキーを押すと、配置した各アクターから箱をスポーンする
・Fキーを押すと、スポーンされた箱を削除する

続きを読む

フィラメントリール台


ダヴィンチminiMaker用のフィラメントリール台を作成。

▼なんで作った?
フィラメントの湿気対策。
フィラメントは湿気を吸って劣化する様なので。
丸出しのままよりは、大分マシになるはず。


写真の様に、フィラメント付属の袋に入れて使うことで、
湿気を大分防げるはず。

続きを読む

[3dsMax]滅っ!スマート選択


Qキーの初期割り当ては、スマート選択というものになっている。
押すたびに選択方法を切り替えてくれるのだけど、
これが全然スマートだとは思えないので、普通の選択をQキーに割り当てる。

スマート選択のままだと、意図せず選択方法が切り替わっている事があり、
このせいで小さなストレスが蓄積していく。滅せねば!

▼設定方法
メインメニュー、Customize

Customize User INterface

Keyboardタブ

actionリスト内をクリックしてから、selと入力

Select Objectを選択して、HotkeyにQを入れてAssignボタンを押す

Customize User Interfaceウインドウを閉じる

3DF Zehyr Freeでフォトグラメトリー


3DF Zephyr Freeは、フォトグラメトリーソフトの無料版。
※フォトグラメトリーとは、複数の写真から3Dモデルを作成する技術。

使い方は簡単
・3Dモデル化したい物を、回り込む様に角度を少しずつ変えて、写真を撮る。
・ソフトに読み込んで処理をしてもらうだけ。

今回の例では恵比寿駅の恵比寿像を3D化する。使用する写真は20枚。

※Free版で処理できる枚数は50枚まで。

▼メインメニュー、ワークフローから、クイックプロジェクトを選択

▼3D化処理に使う写真を入れたフォルダを指定する。
今回はプリセットのHuman Bodyを選択

▼13分程で処理が完了。
(使用PC:i7-4930K GTX1070 RAM32GB)



▼SteamでLite Steam Editionが買える。

Stormで遊ぶためのメモ


Stormという、シミュレーターの、demo版で遊ぶためのメモ

▼日本語の紹介記事へのリンク
http://3dnchu.com/archives/storm/
http://cgtracking.net/archives/42477

▼公式サイトへのリンク
http://effectivetds.com/resources/fx-tools/storm/

▼demo版について
2018年7月現在、
demo版は保存やエクスポートが出来ないが、時間の制限はない。

▼使い方
・binフォルダ内にあるStorm_demo.exeから起動する。
・docsフォルダ内のQuickStartGuide.pdfにショートカットキーなどが載ってる。

目次
↓粒状システムの作成、
↓選択Boxを出す。
↓パーティクルの発生源を作る。
↓パーティクルの発生源の形を変える。
↓発生源の位置を変更する。
↓ためしにシミュレーションしてみる

↓パーティクルの発生を1フレームだけにする。
↓もういちどシミュレーションする。

↓発生源を増やす。
↓シミュレーションして確認

↓シーンにコリジョン(パーティクルと衝突できるオブジェクト)を追加する。
↓コリジョンを増やしてシミュレーションをする。
↓シミュレーションの結果を連番画像として保存する。

続きを読む

[資料]kindle unlimited読み放題対象の写真集

2018年6月14日現在のkindel unlimited読み放題対象の写真集の紹介。
kindle unlimitedに加入すると月額980円で対象の電子書籍が読み放題になる。
模写などの練習用資料に。

↑にリンクを載せた6冊は普通に購入すると1冊500円。10冊買ったら5千円。
kindle unlimitedに加入すれば月額980円で済む。
毎月CGWORLD読むだけで元が取れる。

続きを読む

[Photoshop]ノックアウト機能

●どんな機能?
上のレイヤーで、下のレイヤーをくり抜く機能。

ノックアウトを設定したレイヤーの不透明な部分で、
下のレイヤーをまとめてくり抜く事ができる。

複数のレイヤーをまとめてマスクしたい時などに便利。
設定により、レイヤーフォルダ内でくり抜きを止める事ができる。

AFterEffectsで例えると、
レイヤーモード、シルエットアルファを、
レイヤーフォルダ単位で制御できるみたいな機能。

続きを読む

放送大学に入って無料でAutodeskのソフトを使う


※2018年4月現在の情報です。

3dsMaxを家で学習用に少し使いたいだけなのに、
月額3万1320円は高い。(年額だと24万8400円、月2万700円。)
放送大学に入れば無料で使える。もちろん商用利用はできない。
(オートデスクの定める学生向け製品の使用資格と条件に、放送大学は当てはまる。)

3dsMaxの他にも、Maya、MotionBuilder、Mudbox、AutoCADなどが使える。

放送大学は通信制の大学。
https://www.ouj.ac.jp/
入学時期は、4月と10月の二回ある。
(2018年10月から入学は、6月15日から出願できる)

放送大学の学生になる場合、3つの選択肢がある。
・全科履修生:4年かそれ以上通い、学位取得を目指す。
・選科履修生:2学期(1年間)
・科目履修生:1学期(6ヶ月)

ngroku管理人は、選科履修生で入学した。
学費は2万円(入学金+授業料)
入学金:9000円
授業料:1万1000円(1科目)

出願の手続きはネットで行える。

●3dsMaxを使うまでの手順
↓放送大学のシステムにログイン
↓ 放送大学からメールアドレスをもらう(Gmail)
↓ そのメールアドレスを使い、Autodeskのアカウントを作る。
↓ 必要項目を入力。
↓ ソフトをダウンロード、インストール。
↓ ソフトの更新プログラムをダウンロード、インストール。
(ソフトの更新プログラムはアカウントにログインして、
管理ページからダウンロードできる)

※4月1日が入学日だったので、その日の朝に手続きを進めようとしたら、
入学日の入力で、「入学年を未来にはできません」と注意が出て進めなかった。
日付はアメリカ基準の様で、
その日の朝だとアメリカはまだ4月1日になっていなかった。
(アメリカと日本の時差は13時間。日本のほうが早い)
時間を置いたら手続きが進めるようになった。

●その他
Recapがダウンロードできないと思ったら、管理ページからできた。