Bean 3D Printer 出力ツイートまとめ

Kudo3D Bean3Dプリンターで出力している人達のツイートをまとめました。

続きを読む

[3dsMax]MAXScript
ファイルのリネーム


3dsMaxの操作ではなく、
とあるフォルダ内のファイルをリネームをするためのMAXScript。

▼やりたい事
桁の揃っていない連番名のファイルがある。連番の桁を揃えたい。
以下の様になってほしい。
1.png → 0001.png
10.png → 0010.png
100.png → 0100.png

続きを読む

Kudo3D Bean3D Printer 注意点


クラウドファンディングサイトkickstarterで出資した
SLA方式の3Dプリンターが届いた。

Bean 3D Printer The Ultimate Consumer SLA 3D Printer by Kudo3D — Kickstarter.htm

▼使い方
基本は公式のクイックスタートガイドビデオ通りで良い。
Bean: Quick Start Guide

▼注意点
SLAcerやその他スライスソフトで作成したスライス画像について。
ファイル名の連番桁数に注意する必要がある。

SLAcerやChiTuBoxで作成したスライス画像のファイル一覧を見てみると、
ファイル名の連番桁数が揃っていない。
※ファイル名の連番桁数が0001ではなく、1になっている。

これだとプリンターに正しい順番で画像が読み込まれず、
プリントに失敗してしまうので、ファイル名をリネームする必要がある。

続きを読む

フィラメントリール台


ダヴィンチminiMaker用のフィラメントリール台を作成。

▼なんで作った?
フィラメントの湿気対策。
フィラメントは湿気を吸って劣化する様なので。
丸出しのままよりは、大分マシになるはず。


写真の様に、フィラメント付属の袋に入れて使うことで、
湿気を大分防げるはず。

続きを読む

[3dsMax]滅っ!スマート選択


Qキーの初期割り当ては、スマート選択というものになっている。
押すたびに選択方法を切り替えてくれるのだけど、
これが全然スマートだとは思えないので、普通の選択をQキーに割り当てる。

スマート選択のままだと、意図せず選択方法が切り替わっている事があり、
このせいで小さなストレスが蓄積していく。滅せねば!

▼設定方法
メインメニュー、Customize

Customize User INterface

Keyboardタブ

actionリスト内をクリックしてから、selと入力

Select Objectを選択して、HotkeyにQを入れてAssignボタンを押す

Customize User Interfaceウインドウを閉じる

3DF Zehyr Freeでフォトグラメトリー


3DF Zephyr Freeは、フォトグラメトリーソフトの無料版。
※フォトグラメトリーとは、複数の写真から3Dモデルを作成する技術。

使い方は簡単
・3Dモデル化したい物を、回り込む様に角度を少しずつ変えて、写真を撮る。
・ソフトに読み込んで処理をしてもらうだけ。

今回の例では恵比寿駅の恵比寿像を3D化する。使用する写真は20枚。

※Free版で処理できる枚数は50枚まで。

▼メインメニュー、ワークフローから、クイックプロジェクトを選択

▼3D化処理に使う写真を入れたフォルダを指定する。
今回はプリセットのHuman Bodyを選択

▼13分程で処理が完了。
(使用PC:i7-4930K GTX1070 RAM32GB)



▼SteamでLite Steam Editionが買える。

Stormで遊ぶためのメモ


Stormという、シミュレーターの、demo版で遊ぶためのメモ

▼日本語の紹介記事へのリンク
http://3dnchu.com/archives/storm/
http://cgtracking.net/archives/42477

▼公式サイトへのリンク
http://effectivetds.com/resources/fx-tools/storm/

▼demo版について
2018年7月現在、
demo版は保存やエクスポートが出来ないが、時間の制限はない。

▼使い方
・binフォルダ内にあるStorm_demo.exeから起動する。
・docsフォルダ内のQuickStartGuide.pdfにショートカットキーなどが載ってる。

目次
↓粒状システムの作成、
↓選択Boxを出す。
↓パーティクルの発生源を作る。
↓パーティクルの発生源の形を変える。
↓発生源の位置を変更する。
↓ためしにシミュレーションしてみる

↓パーティクルの発生を1フレームだけにする。
↓もういちどシミュレーションする。

↓発生源を増やす。
↓シミュレーションして確認

↓シーンにコリジョン(パーティクルと衝突できるオブジェクト)を追加する。
↓コリジョンを増やしてシミュレーションをする。
↓シミュレーションの結果を連番画像として保存する。

続きを読む