3DF Zehyr Freeでフォトグラメトリー


3DF Zephyr Freeは、フォトグラメトリーソフトの無料版。
※フォトグラメトリーとは、複数の写真から3Dモデルを作成する技術。

使い方は簡単
・3Dモデル化したい物を、回り込む様に角度を少しずつ変えて、写真を撮る。
・ソフトに読み込んで処理をしてもらうだけ。

今回の例では恵比寿駅の恵比寿像を3D化する。使用する写真は20枚。

※Free版で処理できる枚数は50枚まで。

▼メインメニュー、ワークフローから、クイックプロジェクトを選択

▼3D化処理に使う写真を入れたフォルダを指定する。
今回はプリセットのHuman Bodyを選択

▼13分程で処理が完了。
(使用PC:i7-4930K GTX1070 RAM32GB)



▼SteamでLite Steam Editionが買える。

Stormで遊ぶためのメモ


Stormという、シミュレーターの、demo版で遊ぶためのメモ

▼日本語の紹介記事へのリンク
http://3dnchu.com/archives/storm/
http://cgtracking.net/archives/42477

▼公式サイトへのリンク
http://effectivetds.com/resources/fx-tools/storm/

▼demo版について
2018年7月現在、
demo版は保存やエクスポートが出来ないが、時間の制限はない。

▼使い方
・binフォルダ内にあるStorm_demo.exeから起動する。
・docsフォルダ内のQuickStartGuide.pdfにショートカットキーなどが載ってる。

目次
↓粒状システムの作成、
↓選択Boxを出す。
↓パーティクルの発生源を作る。
↓パーティクルの発生源の形を変える。
↓発生源の位置を変更する。
↓ためしにシミュレーションしてみる

↓パーティクルの発生を1フレームだけにする。
↓もういちどシミュレーションする。

↓発生源を増やす。
↓シミュレーションして確認

↓シーンにコリジョン(パーティクルと衝突できるオブジェクト)を追加する。
↓コリジョンを増やしてシミュレーションをする。
↓シミュレーションの結果を連番画像として保存する。

続きを読む

放送大学に入って無料でAutodeskのソフトを使う


※2018年4月現在の情報です。

3dsMaxを家で学習用に少し使いたいだけなのに、
月額3万1320円は高い。(年額だと24万8400円、月2万700円。)
放送大学に入れば無料で使える。もちろん商用利用はできない。
(オートデスクの定める学生向け製品の使用資格と条件に、放送大学は当てはまる。)

3dsMaxの他にも、Maya、MotionBuilder、Mudbox、AutoCADなどが使える。

放送大学は通信制の大学。
https://www.ouj.ac.jp/
入学時期は、4月と10月の二回ある。
(2018年10月から入学は、6月15日から出願できる)

放送大学の学生になる場合、3つの選択肢がある。
・全科履修生:4年かそれ以上通い、学位取得を目指す。
・選科履修生:2学期(1年間)
・科目履修生:1学期(6ヶ月)

ngroku管理人は、選科履修生で入学した。
学費は2万円(入学金+授業料)
入学金:9000円
授業料:1万1000円(1科目)

出願の手続きはネットで行える。

●3dsMaxを使うまでの手順
↓放送大学のシステムにログイン
↓ 放送大学からメールアドレスをもらう(Gmail)
↓ そのメールアドレスを使い、Autodeskのアカウントを作る。
↓ 必要項目を入力。
↓ ソフトをダウンロード、インストール。
↓ ソフトの更新プログラムをダウンロード、インストール。
(ソフトの更新プログラムはアカウントにログインして、
管理ページからダウンロードできる)

※4月1日が入学日だったので、その日の朝に手続きを進めようとしたら、
入学日の入力で、「入学年を未来にはできません」と注意が出て進めなかった。
日付はアメリカ基準の様で、
その日の朝だとアメリカはまだ4月1日になっていなかった。
(アメリカと日本の時差は13時間。日本のほうが早い)
時間を置いたら手続きが進めるようになった。

●その他
Recapがダウンロードできないと思ったら、管理ページからできた。

Blenderバッチファイルからレンダリング


アニメーションレンダリングしたら、エラーのあるフレームが不連続で複数あった。
一枚ずつ手動でレンダリングして保存するのは面倒。こんな時にバッチ処理が便利。

●例

set BLD="C:\Program Files\Blender Foundation\Blender\blender.exe"
set FIL="C:\Documents\blender\test test\test_01.blend"
set IMGP="C:\Users\ngroku\Desktop\rnd"
%BLD% -b %FIL% -S Scene -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -f 585
%BLD% -b %FIL% -S Scene -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -f 587
%BLD% -b %FIL% -S Scene -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -f 598
%BLD% -b %FIL% -S Scene -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -f 605
%BLD% -b %FIL% -S Scene -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -f 611
%BLD% -b %FIL% -S Scene -s 616 -e 800 -E CYCLES -o %IMGP%\#### -F PNG -a
pause

※↑の4行目から下から3行目までの意味
バックグラウンド処理、
指定したパスのtest_01という名前のblendファイル、
Sceneというシーン名、Cyclesレンダラー、
デスクトップのrndフォルダに、4桁の連番名で、PNG保存、指定したフレーム。

※下から2行目は、616から800フレームをアニメーションレンダリングという意味。

↓詳細は参考にさせてもらったサイトへ
レンダリングのバッチ処理 – Blender Cycles memo

●バッチファイルが動かない。
コマンドプロンプト上では動くけど、batファイルにすると動かない問題にあたった。
調べてみたら、原因は保存する際の文字コードだった。

“基本的にバッチファイル(というかDOSは)Unicodeでは動作しません。”
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1260531077

UnicodeからANSIに変えて保存したら動くようになった。

●その他の注意点
ファイル名やフォルダ名にスペースがあると動かない。
パスをダブルクォーテーションで囲えば動く。
MAXScriptでも似たようなことあった気がする。

Nvidia アンセル


※FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークで
 ANSELを起動中のスクリーンショット 拡大画像

●Nvidia アンセルって何?
アンセルに対応したゲームでは、ゲーム中好きなタイミングで撮影モードに入れる。
※撮影モードに入れない箇所もある。

●撮影モードに入ると、
・カメラを自由に移動出来る
・カメラの画角を変更できる
・フィルター、エフェクト、スタイルを掛けられる
※現状だとピント位置の調節は出来なかった。

●撮影モードでは特殊なキャプチャが出来る
・超解像度キャプチャ
・360度キャプチャ
・EXR(HDR)キャプチャ
・立体視キャプチャ

続きを読む

[Blender]Mantaflow


次期のバージョンから、流体機能がMantaflowという、新しいものに置き換わる。
そのMantaflowを、現行のblender(2.79)に組み込んだものを使うことが出来る。

↓ダウンロード
Blender-Fluid-Mantaflow branch

Mantaflowは煙と液体を表現する事が出来る。
この記事で説明するのは液体。

続きを読む

[Blender] Pythonメモ。トランスフォーム

Pythonスクリプトのメモ。
位置、回転、スケール。

●Cubeという名前のオブジェクトを、Z方向に1移動する。
import bpy #←これを読み込まないとスクリプトでオブジェクトを操作出来ない。
bpy.data.objects['Cube'].location.z +=1
●選択したひとつのオブジェクトを、Z方向に1移動する。
import bpy
bpy.context.selected_objects[0].location.z += 1
●選択したひとつのオブジェクトを、オブジェクトの中心Z方向を軸にして15度回転させる。
import bpy
import math #←mathを読み込まないとpi(円周率)が使えない。

hako = bpy.context.selected_objects[0]
atai = 2 * math.pi / 360 * 15 #←15度をラジアンに変換
hako.rotation_euler.z += atai

※角度を指定する際、値は度数法ではなく、孤度法。
なので、度数法のつもりで15と入力すると、15ラジアン入力した事になり、
859.35度回転してしまう(57.29×15)

・円を360度で示すのが度数法。
・半径が1の円で、長さ1の弧が作る角度を1ラジアンとするのが孤度法。

  ■■■■■■■■■■■■ 1度は何ラジアンか? ■■■■■■■■■■■■
  円周の長さは直径×円周率。
  円周の長さは孤度法だと2πになる。角度は2πラジアン。

  360度=2πラジアンなので、
  2πラジアンを360分割すれば、度数法の1度になる。

  これはπラジアンを180分割するのと同じ。
  3.14159/180=0.0174532777777778
  1度を孤度法にすると、約0.0174533ラジアン。

  ■■■■■■■■■■■■ 1ラジアンは度数法だと何度か? ■■■■■■■■■■■■
  比率で計算する。
  2πラジアン:360度
  πラジアン:180度
  どんな数も、同じ数字で割れば1になる。
  π÷π:180÷π
  ↓
  1:180÷π
  180÷3.1415=57.29582790879777
  1ラジアンは、約57.29度

●選択したオブジェクトのX位置とY位置を、-1~1の範囲で、ランダムに変える。
import bpy
import random #←randomを読み込まないと乱数が使えない。

hako = bpy.context.selected_objects
for i in hako:
    i.rotation_euler.x += random.uniform(-1,1)
    i.rotation_euler.y += random.uniform(-1,1)
●選択したオブジェクトを、X、Y方向に、-30~30度の範囲で、ランダムに回転させる。
import bpy
import math
import random 

hako = bpy.context.selected_objects
for i in hako:
    atai = 2 * math.pi / 360 * 30 #←30度をラジアンに変換
    i.rotation_euler.x += random.uniform(-atai,atai)
    i.rotation_euler.y += random.uniform(-atai,atai)
●選択したオブジェクトのスケールを2倍にする。
import bpy
hako = bpy.context.selected_objects[0]
hako.scale *= 2
●選択したオブジェクトのスケールを軸ごとに変える。X軸を1、Y軸を1、Z軸を3にする。
import bpy
hako = bpy.context.selected_objects[0]
hako.scale = (1,1,3)

●参考サイト
情報処理 I - 第15回:Python による Blender の制御 和歌山大学
ラジアン(弧度法)の意味と「度」への変換方法 sci-pursuit.com

[3dsMax]ステップビルド

ステップビルドは、グラファイト モデリング ツールセットのひとつ。
リトポロジーする際にとても便利。


クリックで頂点を打ち、
shiftキーを押しながら、頂点の間をドラッグすると、
ポリゴンが作成される。

オブジェクトを指定して、その表面に作成する事も可能。


ctrlキーを押しながら面をクリックすると、クリックした面を削除。

ポリゴンが張られていない頂点は、altキーを押しながらクリックで削除可能。

※装飾キーとの組み合わせで使える機能がまだある。
 詳しくは記事最後の公式ヘルプへのリンクへ。


●使い方
まず適当な編集可能ポリゴンを作り選択状態にしておく。

①パネルタイルを開く。
②フリーフォームタブをクリック
③ドロップダウンリストからサーフェスを選択
 その下のピックボタンから、
 作成する頂点やポリゴンを沿わせるためのターゲットオブジェクトを選ぶ。
 ※オフセットの値は、生成する頂点やポリゴンを、
 ターゲットオブジェクトの表面から、
 どのぐらい浮かせるのかを決めるためのもの。
④ステップビルドボタンを押す。
 ツールの終了は右クリックするか、
 もう一度このボタンを押す。

●公式ヘルプへのリンク
3ds Max 2018 ヘルプ: ジオメトリの追加と最適化ツール([ポリ ドロウ](PolyDraw)パネル)

[3dsMax]トポロジーツール


トポロジーツールは、グラファイト モデリング ツールセットのひとつ。
作りたい形を描く事でポリゴンを作成する事が出来る。

任意のオブジェクトを指定して、その表面に沿ったポリゴンを作成できる。


使い方
まず適当な編集可能ポリゴンを作り選択状態にしておく。

①パネルタイルを開く。
②フリーフォームタブをクリック
③ドロップダウンリストからサーフェスを選択
 その下のピックボタンから、
 作成する頂点やポリゴンを沿わせるためのターゲットオブジェクトを選ぶ。
 ※オフセットの値は、生成する頂点やポリゴンを、
 ターゲットオブジェクトの表面から、
 どのぐらい浮かせるのかを決めるためのもの。
④トポロジーツールボタンを押す。
 これでビューポートに線が引けるようになる。
 ツールの終了は右クリックするか、
 もう一度このボタンを押す。

間違って引いてしまった線は、
ctrlキーを押しながら線をクリックする事で削除できる。

●公式ヘルプへのリンク
3ds Max 2018 ヘルプ: グラファイト モデリング ツール
3ds Max 2018 ヘルプ: ジオメトリの作成ツール([ポリ ドロウ](PolyDraw)パネル)