[3dsMax]3ds Max セキュリティ ツール

汚染されたmaxファイルを浄化してくれるのが3dsMaxセキュリティツール。

▼汚染ってどういう事?

サードパーティー製の一部のMAXScriptにより
3ds Maxのプログラム本体及びシーンファイルに障害が発生する現象

あるmaxファイルを閉じるときに保存しないを選んだにもかかわらず、
maxファイルのタイムスタンプが更新されているのに気づいた。
何回試しても、毎回閉じる際に必ず上書き保存されてしまう状態になっていた。
調べてみると、汚染されたmaxファイルをマージした際などに、
maxファイルが汚染されてしまう事があると出てきた。

ウイルスみたいなものだけど、
見たところ被害はmaxファイル内だけの様。

今回出た症状は強制上書き保存だったけど、
他にも色々な症状があるとの事だった。
(詳しくは記事の終わりのリンクへ)

▼3ds Maxセキュリティツール説明文の引用

3ds Max セキュリティツールは、
悪意のある [CRP、ADSL] および [ALC]サードパーティ スクリプトから保護し、
3ds Max 環境の破壊、データの損失やシステムの安定性の低下、
他のシステムへの感染を防ぎます。

3ds Max セキュリティツールは、
CRP、ADSL および ALC サードパーティ スクリプトに対する免疫力を高め、
3ds Max のスタートアップ スクリプトやシーン ファイルから
悪意のあるスクリプトを検出して
削除するのに最も効果的な方法を提供します。

▼使い方
3ds Max セキュリティツールインストールすると、
汚染されたmaxファイルを開いた際に警告ウインドウが出る様になる。
そこでclean corruptionボタンを押すだけで良い。

▼3ds Max セキュリティツールのダウンロード
Autodesk® 3ds Max® 2019、2015 用の 3ds Max セキュリティ ツール 3ds Max Autodesk App Store

▼汚染されたmaxファイルの症状についてのリンク

別のビューポートに切り替えた後、サードパーティ製の MAXScript (CRP)で[元に戻す]ボタンが動作しなくったり、3ds Max でシーンライトが表示されない 3ds Max Autodesk Knowledge Network


サードパーティ製の MAXScript (ALC)を使用すると、3ds Max でシー ファイルのクラッシュ、シー データの破損、スクリプ コントローラのエラーが発生したり、[元に戻す]機能が動作しなくなる 3ds Max Autodesk Knowledge Network

▼参考リンク
3ds Max 2019 ヘルプ: 3ds Max セキュリティツール

3ds Max セキュリティ ツール 3ds Max 2019 Autodesk Knowledge Network.htm


3ds Max セキュリティ ツール について知りたい 3ds Max 2017 Autodesk Knowledge Network.htm

モディファイアのミラー軸を直したい。


オブジェクトを回転した後に、
シンメトリモディファイアやミラーモディファイアを掛けると、
反転のための軸が傾いてしまっている。
この傾きを直したい。

ユーティリティーからXformのリセットを行えば解決できるけど、
オブジェクトのトランスフォームもリセットされてしまう。

オブジェクトのトランスフォームを維持したまま、
ミラーの軸だけリセットしたい。
どうすれば良いか?

続きを読む

Max Creation Graphのサンプルを見る 1/4


MCGのサンプルファイルを見ていくだけの記事

▼MCG(Max Creation Graph)ってなんなの?
3ds Max 2016から付いた機能
ノードと呼ばれる部品(機能)を繋ぎ合わせて、
比較的簡単にオリジナルツールを作れるらしい。

覚えれば出来ることが広がりそう、
便利になりそうなイメージはあるけど、
実際にどんな事が出来るのか分からない。

公式リファレンス見ても活用できるイメージが沸かない。
どんな事ができるのかイメージできないと覚える気になれない。
とりあえずサンプルファイルを見ていく。見てメモするだけ。

サンプルは32個もあるので、4回に分ける。

▼MCGで作る事が出来るもの。
・ジオメトリ
・モディファイア
・シェイプ(スプライン)
・コンパウンド(MCG用の部品)
・MAXScript関数
・ユーティリティ

続きを読む