[3dsMax]ギズモについて

▼ギズモを拡大縮小するショートカットキー

ギズモ縮小:-(ハイフン)キー。(ひらがなの[ほ])
ギズモ拡大:;(セミコロン)キー。(ひらがなの[れ])

▼スクリプトでギズモのサイズを変更する。

ギズモのサイズは整数値で指定できる。

print tmGizmos.size  --現在のギズモのサイズを表示する。

tmGizmos.size = 100  --ギズモのサイズを100にする。

▼ギズモの表示・非表示を切り替える

Xキーを押すたびに、ギズモの表示が切り替わる。(トグル切り替え)

--スクリプト
tmGizmos.useGizmo = false  --ギズモを非表示にする。
tmGizmos.useGizmo = true  --ギズモを表示する。

redrawViews() -- ビューポートを更新する。

▼ギズモの移動用平面ハンドルを編集する。

tmGizmos.usePlanes = false  -- 移動用平面ハンドルを非表示にする。
tmGizmos.usePlanes = true  -- 移動用平面ハンドルを表示する。

tmGizmos.movePlaneHandleSize = 0 --移動用平面ハンドルサイズを0にする。
tmGizmos.movePlaneHandleSize = 100 --移動用平面ハンドルサイズを100にする。

tmGizmos.movePlaneHandleOffset = 100 
--↑移動用平面ハンドルの基点位置を100にする。(デフォルト値は33)

tmGizmos.planeOpacity = 0 --平面ハンドルが完全に透明になる。(デフォルト値は25)
tmGizmos.planeOpacity = 99.99 --平面ハンドルがほぼ不透明になる。(値を100にすると透明になった)

▼その他

・ギズモは、カスタマイズ → 基本設定 → ギズモ タブから編集することも出来る。
・ギズモをスクリプトから制御する方法を詳しく知りたい場合は、
 MAXScriptリファレンスをtmGizmosで検索する。
 もしくは、コアインターフェース一覧ページから、tmGizmosを選択。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策用の計算式と画像認証です。↓の欄を入力しないとコメントが出来ません。 *

*