[3dsMax]スクリプトコントローラーを使用し、オブジェクトの位置により、テキストの内容とサイズを変える。

▼シーン内にあるオブジェクト
・Text01
・Box01

▼手順
①コマンドパネル、モーションタブ、コントローラーの割り当てから、Text01のスケールを選択して、コントローラーを割り当てボタンを押す。

②コントローラーの一覧からスケールスクリプトを選択し、OKボタンを押す。

③スクリプトコントローラーウインドウで、変数hako_itiを制作。トラックを割り当てボタンを押し、Box01のZ位置を選択してOKを推す。

④スクリプトコントローラーウインドウの式欄に、以下の式を入力。

if hako_iti < 10 do (
	$Text01.size = 10
	$Text01.text = "(・ω・)"
)
if hako_iti > 10 do (
	$Text01.size = 15
	$Text01.text = "(`・ω・´)"
)
if hako_iti > 20 do (
	$Text01.size = 20
	$Text01.text = "\(`・ω・´)/"
)

[1, 1, 1]


⑤スクリプトコントローラーウインドウの評価ボタンを押すか、スクリプトコントローラーウインドウを閉じる。

▼スクリプトの解説

--↓もしBox01のZ位置が、10よりも小さい場合は、以下の処理を実行する。
if hako_iti < 10 do (
	--↓Text01のサイズを10にする。
	$Text01.size = 10
	--↓Text01の内容を、(´・ω・`)に変える。
	$Text01.text = "(・ω・)"
)
--↓もし、Box01のZ位置が、10よりも大きい場合は、以下の処理を実行する。
if hako_iti > 10 do (
	--↓Text01のサイズを15にする。
	$Text01.size = 15
	--↓Text01の内容を、(`・ω・´)に変える。
	$Text01.text = "(`・ω・´)"
)
if hako_iti > 20 do (
	$Text01.size = 20
	$Text01.text = "\(`・ω・´)/"
)

--↓テキストオブジェクトのスケール値
[1, 1, 1]

※スクリプトコントローラーをスケールに割り当てたText01は、直接拡大縮小する事が出来なくなる。

▼今回アクセスしたテキストオブジェクトのプロパティ
・text:テキストの内容
・size:テキストの大きさ

▼Text01のプロパティ一覧を表示する方法。
①メインメニュー、MAXScript、新規スクリプトを選択し、新規スクリプトウインドウを表示する。

②F11ボタンを押して、MAXScriptリスナーを表示する。

③以下のスクリプトを入力
showProperties $Text01

④Ctrl+Eキーを押して、スクリプトを実行。

⑤MAXScriptリスナーにText01のプロパティ一覧が表示される。

↑これらのプロパティは全部スクリプトで扱う事ができる…はず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 4 = 十一


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>