[3dsMax]スクリプトコントローラーを使用し、オブジェクトの位置をテキストオブジェクトに表示する。

▼概要
・Box01のX位置を、Text01に表示する。
※スクリプトコントローラーに入れる式は、一行のみ。

▼シーンにあるオブジェクト
・Box01
・Text01

▼Box01のスケールにスクリプトコントローラーを割り当てる。


※hakoitiの後に、as string をつけないと↑のようなエラーが出る。

○ $Text01.text = hakoiti as string
× $Text01.text = hakoiti

テキストに入れられるのは文字列値(string)なので、数値を入れようとするとエラーになる。
” ~ as string ”というのは、” ~を文字列として扱う ”という意味。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策用の計算式と画像認証です。↓の欄を入力しないとコメントが出来ません。 *

*