[Unreal Engine]
イベントディスパッチャー


他のブループリントにイベントを送りたい。
そんなときにイベントディスパッチャーを使う。

辞書によると、ディスパッチャーとは発送係の事らしい。
イベント発送係と捉えれば覚えやすい。

▼今回作るもの

・Gキーを押すと、配置した各アクターから箱をスポーンする
・Fキーを押すと、スポーンされた箱を削除する

▼シーンに用意するモノ

・ブループリント アクター Send:イベントの発送元
・ブループリント アクター Spa1:Sendからのイベントを受け、箱をスポーンする。
・ブループリント アクター Spa2:Send1のコピー
・ブループリント アクター Spa3:Send1のコピー
・ブループリント アクター hako:Spaからスポーンさせる箱

▼ブループリントSend
イベントディスパッチャーを作り、
グラフ内にドラッグ&ドロップ、呼び出しを選択。

↓の様にブループリントを組む

▼ブループリントSpa
Cast To Sendノードを作り、
As Sendのピンを引っ張って、
Assign New Event Dispatcher 0を選択

※Assign New Event Dispatcherが出ないときは、
 Bind Event to~を選んで、Custom Eventを自分で作る。

↓の様にノードが組まれる

↓最終的にこう組む

▼完成
Gキーを押すたびに、ブループリントSpaから箱がスポーンされる。
Fキーを押すと、スポーンされた箱を削除する。

※Spaをコピーして増やしても、増やしたSpaから箱がスポーンされる。

▼メモ
・グラフ拡大
 Ctrlを押しながらズームすると、
 グラフを更に拡大する事が出来る。

 ※ズームはマウスホイール以外にも、
  左マウスボタンを押しながら、右マウスボタンを押し、
  そのままマウスを前後に移動する事でも可能。

・ゲームビューはF11キーで表示範囲を広くできる(没入モード)
 反応無いときは、ゲームビュー内をマウス中ボタンで一度クリックする。

もしくは、ゲームビュー左上の▼をクリックして、
出てきたメニューから、没入モードにチェックを入れる。

▼参考リンク
ブループリント通信の使用方法 Unreal Engine

ビューポートの基本 Unreal Engine

ブループリントエディタ 虎の巻 Unreal Engine

手紙を運ぶ鳩のイラスト かわいいフリー素材集 いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策用の計算式と画像認証です。↓の欄を入力しないとコメントが出来ません。 *

*