[After Effects]スクリプトを使用し、選択したオブジェクト全てに、エフェクトを適用する。

▼例:選択したレイヤー全てに、ブラー(ガウス)エフェクトを適用し、そのブラーの値を50にする。

▼手順
・エフェクトを適用したいレイヤーを選択する。

・ExtendScript Toolkitに以下のスクリプトを入力し、F5キーを押して、処理を開始する。

matome = app.project.item(1).selectedLayers;

for(i in matome){
	matome[i].property("エフェクト").addProperty("ブラー(ガウス)");
	matome[i].property("エフェクト")("ブラー(ガウス)")("ブラー").setValue(50)
}

↓こう入力しても同じ結果になる。

matome = app.project.item(1).selectedLayers
kazu = app.project.item(1).selectedLayers.length

for(i=0; i < kazu; i++) {
	matome[i].property("エフェクト").addProperty("ブラー(ガウス)");
	matome[i].property("エフェクト")("ブラー(ガウス)")("ブラー").setVAlue(50)
}

▼解説 for~in

matome = app.project.item(1).selectedLayers;
//↑変数matomeに、選択したレイヤーを入れる。

//↓変数まとめに入っているレイヤーの数だけ、括弧内の処理を繰り返す。
for(i in matome){
	matome[i].property("エフェクト").addProperty("ブラー(ガウス)");
	//↑変数matomeのi番目に入っている中身に対して、ブラー(ガウス)エフェクトを適用する。

	matome[i].property("エフェクト")("ブラー(ガウス)")("ブラー").setValue(50)
	//↑変数matomeのi番目に入っているブラー(ガウス)エフェクトの、ブラーの値を50にセットする。
}

▼解説 for~繰り返し条件

matome = app.project.item(1).selectedLayers
//↑変数matomeに、選択したレイヤーを入れる。

kazu = app.project.item(1).selectedLayers.length
//↑変数kazuに、選択したレイヤーの数を数えて入れる。

//↓変数iが、変数kazuより小さいとき処理を繰り返す。
//	括弧内の処理が全て終わるたびに、変数iに1を足す。
for(i=0; i < kazu; i++) {
	matome[i].property("エフェクト").addProperty("ブラー(ガウス)");
	matome[i].property("エフェクト")("ブラー(ガウス)")("ブラー").setVAlue(50)
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


八 + 9 =


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>