ダヴィンチminiでプリントした人体モデル


3dscanstore.comで購入した人体スキャンデータを
XYZプリンティング社の3Dプリンター、ダヴィンチminiMakerで出力した。

↓サーフェイサーを吹いたもの。

上から見ると等高線の様に見える。

あごの下など、オーバーハングな部分は造形精度が落ちる。
↓大きさの比較用に10円玉を置いた。

使ったサーフェイサーはGSIクレオスの
Mr.フィニッシングサーフェイサー 1500 グレー

抗菌フィラメント
赤のフィラメントを買ったけど、見た目は普通のPLAを変わらない感じ。

↓タフPLAはまだ試していない。

↓ダヴィンチminiMaker後継機種
 造形サイズは15×15×15cmで変わらない。
 他社製フィラメントは使えない。

↓造形サイズが12×12×12cmの小型機種
 他社製フィラメントは使えない。

↓他社製フィラメントが使える機種
 造形サイズは15×15×15cm

↓他社製フィラメントが使え、造形サイズが大きい機種。
 造形サイズは20×20×20cm。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スパム対策用の計算式と画像認証です。↓の欄を入力しないとコメントが出来ません。 *

*