[3dsMax]テキストオブジェクトにフレーム番号を表示する

●手順

①テキストオブジェクトを作り選択状態にする。
②モーションパネルを開く
③コントローラーのスケールを選択
④コントローラーを割り当てボタンを押す
⑤スケールスクリプトを選択
⑥OKボタンを押してスケールスクリプト割り当て完了
⑦出てきたスクリプトコントローラーウインドウの式欄にスクリプトを入力。
⑧評価ボタンを押してから、閉じるボタンを押す。


式欄に↑の画像と同じように入力する。

$Text01.text = sliderTime as string

$Text01.text
↑Text01、この部分は作ったテキストオブジェクトの名前にする。

[1, 1, 1]
↑この部分は消さない。

●解説
sliderTime as string
sliderTimeの後ろにあるas stringという文で、
スライダータイムをストリング(文字列)値に変換する。

※スクリプトは融通が効かないので、
 値の種類は仕様に合わせる必要がある。

※テキストオブジェクトのテキストプロパティは、
 文字列値で入力しなければならない。

※sliderTimeは時間値なので、
 テキストプロパティにそのまま入れるとエラーが出る。
 なので文字列値に変換する必要がある。

※スケールにスケールスクリプトを追加したので、
 スケール変更が出来なくなっている事に注意。
 文字のサイズパラメーターで大きさを変えることは出来る。

※スケールを調整できるようにしたい場合は、
 ①スケールにリストコントローラー(スケールリスト)を追加
 ②使用可能となっている部分にベジェスケールを追加
 ③スケールリスト項目からベジェスケールを選択
 ④アクティブボタンを押す

※テキストオブジェクトには
 ポリゴンを編集モディファイアを乗せてある。

※スクリプトコントローラーのウインドウを閉じた後、
 もう一度表示したい場合は、
 コントローラーを割り当て項目で
 スケールスクリプトを選択し、右クリック、
 出てきたメニューからプロパティを押す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


8 − = 四


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>