[3dsMax]トランスフォームの乗算2

例1
ティーポット赤の動きを、
原点を基準にして、ティーポット青に付ける。
↓初期状態

t1 = $teapot01 --赤
t3 = $teapot03 --青

slidertime = 1
s_tra = t1.transform

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t1.transform * inverse s_tra
		t3.transform = tra
	)
)

※アニメーションが始まる1フレーム目で、トランスフォームを取得しておく。
forループ内で自身の反転したトランスフォームを使うと、
処理のたびに原点に移動してしまう。
↓結果

—————————————————-

例2
原点を基準にして動くティーポット青を、
ティーポット緑のローカル座標を基準にして動くようにする。
↓初期状態

t2 = $teapot02 --緑
t3 = $teapot03 --青

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t3.transform * t2.transform
		t3.transform = tra
	)
)

ティーポット青のトランスフォームに、
ティーポット緑のトランスフォームを掛けているだけなので単純。
↓結果

—————————————————-

例3
例1と例2を一度に行うイメージ

ティーポット赤の動きを、
ティーポット緑のローカル座標に合わせ、
ティーポット青に付ける。

↓初期状態

t1 = $teapot01 --赤
t2 = $teapot02 --緑
t3 = $teapot03 --青

slidertime = 1
s_tra = t1.transform

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t1.transform * inverse s_tra
		tra = tra * t2.transform
		t3.transform = tra
	)
)

↓結果

●Autodesk 3dsMax公式ヘルプへのリンク
Matrix3 値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


6 + = 十三


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>