[3dsMax]スクリプトコントローラーを使用し、位置の移動を段階的にする。

▼スクリプトコントローラーで行う処理の簡単な説明

□オブジェクトの位置に、スクリプトコントローラーを割り当てる。

スクリプトコントローラーで変数pointposを制作し、ポイントヘルパーオブジェクトのZ位置を割り当てる。

pointposの値を、複数の条件に通し、条件に一致したら、
その条件の後にある式が指定する位置へ、□オブジェクトを移動する。

▼スクリプトコントローラーに書き込む式


if pointpos<10 do iti = [0, 0, 0]
if pointpos<30 do iti = [0, 0, 20]
if pointpos<50 do iti = [0, 0, 40]
if pointpos<70 do iti = [0, 0, 50]

iti

※座標の数値単位は標準

▼式の説明


if pointpos<10 do iti = [0, 0, 0]
//もし、変数pointpos(ポイントヘルパーのZ位置)が10より小さい場合は、変数itiに[0, 0, 0]を入れる。

if pointpos<30 do iti = [0, 0, 20]
//もし、pointposが30より小さい場合は、itiに[0, 0, 20]を入れる。

if pointpos<50 do iti = [0, 0, 40]
//もし、pointposが50より小さい場合は、itiに[0, 0, 40]を入れる。

if pointpos<70 do iti = [0, 0, 60]
//もし、pointposが70より小さい場合は、itiに[0, 0, 60]を入れる。

iti
//□オブジェクトの位置を、変数itiに入っている値にする。

▼シーン内にあるオブジェクトの説明

・ポイントヘルパー
スクリプトコントローラーから、このオブジェクトのZ位置を取得する。

・赤い円ポリゴン
オブジェクトのZ位置を説明するための目印。
原点から、Z軸方向に、20単位の間隔で設置してある。

・直線
オブジェクトのZ位置を説明するための目印。
赤い円ポリゴン同士の中間位置に設置してある。

・□線
位置にスクリプトコントローラー割り当てたオブジェクト

・矢印ポリゴン
□線に位置リンクしてあるオブジェクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


七 + = 8


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>