中古デジタル一眼レフ


半年ほど前に、CANON EOS 40Dというデジタル一眼レフカメラを中古で購入。

EOS 40Dは2007年発売の中級機種。
キヤノン、ライブビューが可能な中級デジタル一眼レフ「EOS 40D」 デジカメWATCH
発売当初17万円。今だと中古が2万円程度で買える。

デジタル一眼レフカメラを選ぶ過程。

コンパクトデジカメ以上の画質が欲しいだけなので、
APS-Cサイズのセンサー搭載機ならどれでも良いかと思ったけど、
やっぱり、ある程度の機能と性能は欲しい。

価格と機能のバランス、コストパフォーマンスが良いものを探す。

ライブビューは欲しい。そうするとEOS30D以下は選択肢から外れる。

50Dは、40Dと機能の差がそれほど無いのに、中古価格が1万円程高い。
(画素数と液晶画素が上がっただけ。画素アップのせいかバッテリーと連射性能が落ちてる)


動画撮影は要らないけど、バリアングル液晶に惹かれたので、
新品EOS kiss x5 ダブルズームキットにしようかとも思った。

EOS kiss x5が勝っている事
・バリアングル液晶
・画素数1800万。(EOS 40Dは1050万)
・液晶画素数104万。(EOS 40Dは23万)
・ISO感度最高6400、拡張で12800。
 (EOS 40Dは最高でISO1600、拡張で3200)
・フルHD動画撮影可能。(EOS 40Dは動画の撮影が出来ない)
・EOS 40Dより235グラム軽い。
EOS 40Dが勝っている事
・シャッタースピードが1/8000秒まで上げれる。
 (EOS kiss x5は1/4000秒まで)
・連射性能、6.5コマ/秒。(EOS kiss x5は3.7コマ/秒)
・電池の持ち、撮影可能枚数が800枚(EOS kiss x5は440枚)
・操作性。背面ダイヤル、マルチコントローラー。
・上面液晶がある。

ダブルズームキットと同じレンズを後から買い足したので、
EOS kiss x5のダブルズームキットを選んでも後悔は無かったかもしれない。

こだわらなければEOS Kissデジタルの中古が1万円以下で買える

ちなみに、コンパクトデジタルカメラと、
デジタル一眼レフカメラのセンサーは大きさは、こんなに違う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


4 − 二 =


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>