[写真]CombineZMで焦点合成



↑39枚の写真をCombineZMを使い合成。(トリミングあり)

CombineZMを使えば、ボケの無い写真が作れる。
CombineZMは、焦点を少しずつ変えて撮影した複数の写真から、
焦点の合った部分だけを抜き出して、一枚の画像として自動的に合成してくれる。


撮影中に影が移動し、手前のカエルフィギュアに掛かってしまった。
そのせいか、合成後、カエルの輪郭がおかしくなってしまっている。

使い方は簡単。
File

New

合成する写真を選択

読み込み

Macro

Do Stack

File

Save Frame/Picture Asで画像を保存。

CombineZMの使い方は↓のサイトに詳しく乗っている。
CombineZM(ZP)の使い方 – 丸山宗利研究室

写真の撮影はEOS40D(EF-S18-55mm)にNexus7をケーブルで繋ぎ、
DSLR Controlerで焦点を調整しながらリモート撮影。
詳しくは下記のサイトへ。
Canonユーザーに朗報】なんと、Nexus7がEOSの外部モニターになってしまう!
NEXUS7 + DSLR CONTROLLER + shoe mount で Googleタブレットの一眼レフ外部モニター化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


− 9 = zero


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>