[After Effects]エクスプレッション、thisPropertyについて

thisPropertyは、プロパティが持つ値を利用する場合に使う。

ここで言うプロパティとは、
アンカーポイント、位置、回転、スケール、エフェクトの値などの事。

位置に追加したエクスプレッション内でのthisPropertyは、位置プロパティの事。
thisPropertyを使えば、設定しておいた値を利用できる。

▼例
レイヤーを[100,100]の位置に移動して、位置にエクスプレッションを追加する。

この場合、thisPropertyの中身は[100,100]になる。
なので、エクスプレッションを↓のように入力すれば、

[0,0] + thisProperty

↓のように入力したのと同じ結果になる。

[0,0] + [100,100]

▼例2
レイヤーの位置プロパティを、100px、100pxに設定して、
位置プロパティに、↓のようなエクスプレッションを追加した場合、

thisProperty + [50,50]

レイヤーの位置(座標)は、150px、150pxになる。

———————————————————

レイヤーの位置プロパティを[100,100]に設定していた場合、
thisPropertyの中身は、[100,100]になる。

なので、thisProperty + [50,50]は、
[100,100] + [50,50]と入力したのと同じ結果になり、
レイヤーの座標は[150,150]になる。

▼例:回転の場合
レイヤーの角度を45度に設定して、
レイヤーの回転プロパティにthisPropertyというエクスプレッションを追加すれば、
レイヤーの角度は45度のままになる。

thisProperty + 45

エクスプレッションを↑のように入力すると、レイヤーの角度は90度になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


+ 一 = 5


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>