amazon kindel unlimited

kindle unlimited
月額980で、特定の本が読み放題になる。

CGWorldの電子版は1冊1500円程。
kindle Unlimitedなら、980円払うだけで、
少し前のバックナンバーも読むことが出来る。
(※2017年7月現在時点)

PCでも読める。
kindle for PC

[3dsMax]回転と移動を合成


赤ティーポットの移動する動きと、
緑ティーポットの回転する動きを合成し、
それを青ティーポットに適用する。

slidertime = 1
tm_move = $TeapotRed.transform
tm_rot = $TeapotGreen.transform
tm_none = $TeapotBlue.transform

with animate on(
for i=1 to 36 do(
	slidertime = i
	tm_move_orig = $TeapotRed.transform * inverse tm_move
	tm_rot_orig = $TeapotGreen.transform * inverse tm_rot
	tm_marge = tm_rot_orig * tm_move_orig
	$TeapotBlue.transform = tm_marge * tm_none
)
)


・移動する赤ティーポット、回転する緑ティーポット、
 それぞれに、自身の反転したトランスフォームを掛ける事で原点基準の動きに変える。

・原点を基準にした回転と移動を掛け合わせる。
 合成された回転と移動に、青ティーポットのトランスフォームを掛ける。

これで青ティーポットのローカル座標を基準にして、
移動と回転のアニメーションが付く。

[3dsMax]トランスフォームの乗算2

例1
ティーポット赤の動きを、
原点を基準にして、ティーポット青に付ける。
↓初期状態

t1 = $teapot01 --赤
t3 = $teapot03 --青

slidertime = 1
s_tra = t1.transform

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t1.transform * inverse s_tra
		t3.transform = tra
	)
)

※アニメーションが始まる1フレーム目で、トランスフォームを取得しておく。
forループ内で自身の反転したトランスフォームを使うと、
処理のたびに原点に移動してしまう。
↓結果

—————————————————-

例2
原点を基準にして動くティーポット青を、
ティーポット緑のローカル座標を基準にして動くようにする。
↓初期状態

t2 = $teapot02 --緑
t3 = $teapot03 --青

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t3.transform * t2.transform
		t3.transform = tra
	)
)

ティーポット青のトランスフォームに、
ティーポット緑のトランスフォームを掛けているだけなので単純。
↓結果

—————————————————-

例3
例1と例2を一度に行うイメージ

ティーポット赤の動きを、
ティーポット緑のローカル座標に合わせ、
ティーポット青に付ける。

↓初期状態

t1 = $teapot01 --赤
t2 = $teapot02 --緑
t3 = $teapot03 --青

slidertime = 1
s_tra = t1.transform

with animate on(
	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		tra = t1.transform * inverse s_tra
		tra = tra * t2.transform
		t3.transform = tra
	)
)

↓結果

●Autodesk 3dsMax公式ヘルプへのリンク
Matrix3 値

[3dsMax]トランスフォームの乗算

●トランスフォームの乗算について1

オブジェクトのトランスフォームに、
自身の反転したトランスフォームを右から掛けると、
原点に移動し、スケールと回転はリセットされる。

↓ $Teapot001.transform = $Teapot001.transform * inverse $Teapot001.transform

●トランスフォームの乗算について2

回転させていないオブジェクトAが原点にある。そのAのトランスフォームに、
原点から離れたオブジェクトBのトランスフォームを右から掛けると、
オブジェクトAは、オブジェクトBに位置と向きが揃う。スケールは乗算される。


ティーポット赤と緑のスケールは[1,1,2]( [X軸,Y軸,Z軸] )

↓ $TeapotRed.transform = $TeapotRed.transform * $TeapotGreen.transform
 結果:ティーポット赤のスケールは[1,1,4]になる。

※乗算する順番は重要。
基準にしたいオブジェクトのトランスフォームは右から(後から)掛ける。
スケールを編集している場合は、計算の結果が意図通りにならなくなる。

スケールが歪む例1:
○:ティーポット緑のトランスフォームを右から掛けた
×:ティーポット緑のトランスフォームを左から掛けた

○:ティーポット赤のスケールは[1,1,4]
×:ティーポット赤のスケールは[1,1.08118,3.69966]

スケールが歪む例2:
ティーポット青はローカルX方向、
ティーポット緑はローカルZ方向にスケールを編集してある。
↓初期状態

↓初期状態から、適切な乗算
 $TeapotBlue.transform = $TeapotBlue.transform * $TeapotGreen.transform
 ティーポット緑のスケールが[1,1,2]、
 ティーポット青のスケールが[2,1,1]の場合
 計算したあと、ティーポット青のスケールは[2,1,2]になる。

↓初期状態から、適切でない乗算
 $TeapotBlue.transform = $TeapotGreen.transform * $TeapotBlue.transform
 歪んでしまった

●Autodesk 3dsMax公式ヘルプへのリンク
Matrix3 値

[3dsMax]
あるオブジェクトのローカルZ方向を軸に
複数のオブジェクトを回転させる


赤い矢印の向く方向を軸にして、
複数のティーポットを毎フレーム10度回転させている。

Cylinder001という名前の円柱を作る。
回転させたいオブジェクトを複数作成する。
回転させたい物を全部選択して、↓のスクリプトを実行する。

with redraw off(
with animate on(
	kaiten = quat 10 $Cylinder001.dir
	kaiten = kaiten as matrix3

	for i=1 to 36 do(
		slidertime = i
		for tea in selection do(
			iti = tea.pos
			tea.transform *= kaiten
			tea.pos = iti
		)
	)
)
)

エラーがなければ、円柱の向く方向を軸にして、
選択したオブジェクトが毎フレーム10度回転するアニメーションが作成される。

[3dsMax]
ローカルZ方向を軸に、
複数のオブジェクトを回転させる。

with redraw off(
with animate on(
	for kyuusu in selection do(
		for i=1 to 36 do(
			slidertime = i
			iti = kyuusu.pos
			kaiten = quat 10 kyuusu.dir
			kaiten = kaiten as matrix3
			kyuusu.transform *= kaiten
			kyuusu.pos = iti
		)
	)
)
)

●使い方
回転させたいオブジェクトを選択して、↑のスクリプトを実行。
※コピペはMAXScriptリスナーではなく、MAXScriptエディタへ。
 リスナーでは複数行のコードを実行できない。

●処理内容
選択したオブジェクトそれぞれのローカルZ軸を中心にして、
10度の回転をフレーム毎に行う。

●説明
・ with redraw off():
このカッコ内のスクリプト実行中はビューが更新されない。

・ with animate on():
このカッコ内のスクリプトによる変更はキーが打たれる。

・ for:
forループ文

・ iti = kyuusu.pos:
変数itiにオブジェクトの位置を入れる。

・ kaiten = quat 10 kyuusu.dir:
オブジェクトのローカルZを軸とした10度の回転を、
quat値で変数kaitenに入れる。

・ kaiten = kaiten as matrix3
変数kaitenに入ったquat値をmatrix3値に変換して、
変数kaitenに入れる。

・ kyuusu.transform *= kaiten
オブジェクトのトランスフォーム(matrix3値)に、
変数kaitenに入ったmatrix3値を乗算する。

・ kyuusu.pos = iti:
オブジェクトの位置を、変数itiに入った値にする。

●3dsMax公式ヘルプへのリンク
スクリプトでのプログラム フロー制御
For ループ
ノード変換プロパティの使い方
Quat 値
Matrix3 値

[Steam]定期購読を解除する方法

Steamでサブスクリプション(定期購読)をキャンセルをする方法。

①右上のプルダウンメニューから、アカウント詳細をクリック

②アカウント詳細から、サブスクリプションの管理をクリック

③サブスクリプションをキャンセルするを選択して、適用をクリック

※定期購読の解除をし忘れたくない場合
すぐにサブスクリプションをキャンセルしても大丈夫。
購入した契約期間内はソフトを使い続ける事が出来る。


Steamで気になるソフトがあるならウィッシュリストへの登録がおすすめ。
セール時にメールが届くので、安くなったときに買える。