[写真]レンズを外す際に絞りを維持する

Canonのレンズは、普通に取り外すと、絞りは解放状態になっている。
絞り込みボタンを押しながらレンズを外すと、絞りがその時の設定で維持される。

この方法は、リバースアダプターを使って撮影する際に役に立つ。

他にも、Canonのレンズを他社のカメラで使いたい時、
介するマウントアダプターに電子接点がなく、絞りが操作できない場合にも役に立つ。

・絞り込みボタンを押しながらカメラの電源を切っても、
 絞りが維持されるのではないかと思ったけど、絞りは解放になった。

・絞り込みボタンの位置は機種により異なる。

・絞り込みボタンを押しながら、レンズを正面から覗き込み、
 絞りを変化させると、絞り羽が動いていく様子が見えて面白い。
 
・絞りを最大まで絞ってから、絞り込みボタンをON・OFFして、
 高速に動く絞り羽の様子を見るのも面白い。
 

付けているストラップはPeak Designのもの。
取り外しが行いやすく便利で気に入っている。

[写真]PLフィルター

●PLフィルター(偏光フィルター)の効果
・斜めから見た際の光沢や反射を大幅に軽減できる。
 (真正面から見た際の反射には、ほぼ効果が無い。)
・撮影時、太陽の位置によっては空の青みを強調できる。

フィルター越しに肉眼でも効果が見える。
フィルターを回して、反射や光沢が消えていく様子はとても不思議。
状況によっては驚くほど反射や光沢が抑えられる。

続きを読む